募集中の訓練

JAPAN security training groupでは、国内外での豊富な経験により、特に緊急時に、そしてあらゆる環境や状況に柔軟かつ剛毅に任務を完遂できる国際レベルのボディーガードの育成を行っております。

逆境に遭う者は、宜しく順を以て之を処すべし。
順境に居る者は、宜しく逆境を忘れざるべし。
佐藤一斎


無事は有事の如く、有事は無事の如く
久坂玄瑞


この先人の言葉のようでなくては実際に厳しい状況下でボディーガード任務を完遂する事は難しいものです。

実際に多くの厳しい状況下にて経験を積んだものにしか見えないもの感じられないものがあります。

ただ考えたり思ったりするのと、実際に出来るは異なります。

多くのストレスがある環境の中で常に冷静に正確な判断と行動が求められるのがボディーガードです。

その為に何が必要か?

勿論、ボディーガードスキル(知識や技術)は必要ですが、それ以上に必要なのがボディーガードの基礎根幹と理です。

ボディーガードの現場で、スキルを持ったボディーガードは沢山見てきましたが、厳しい状況下にて常に冷静で正確な判断と行動が出来るボディーガードはなかなかいないのが現状です。

しかし、ボディーガードが求められる環境とは危機的状況と隣り合わせの環境です。
JAPAN security training groupの日本式警護術訓練では、国際水準のボディーガードスキルは勿論、厳しい状況下でも冷静で正確な判断と行動が出来る柔軟で剛毅な国際レベルの大丈夫なボディーガードの育成を行っております。

現在、以下の訓練について参加希望者を募集しております!

以前からボディーガード任務を実行する為に必要なスキルの一つ一つを詳しく深く学びたいとのご要望がありました。
ご要望にお応えしまして開催していくことに決まりました。
第一回目は、ボディーガードプランニング(警護計画作成)訓練を開催致します。


<日本ボディーガード協会 ボディーガードプランニング(警護計画作成)訓練>

日本ボディーガード協会の日本式警護術基礎訓練では、ボディーガードの最も重要な土台となる警護人の基礎根幹と警護の「理」、そして、ボディーガードスキルを学んで頂きます。

警護の成功の秘訣はどれだけ正確で詳細な各々の警護任務に合った警護計画を作成し、しっかりとした準備が出来るかが重要な要素となります。
ボディーガード任務を円滑に運用し成功させる為の警護計画のプロセスと作成方法、重要な要点を学んでいただきます。

日本式警護術 警護道

受講資格:ボディーガードを志すどなたでも可(当協会規約に反しない方)
期間:1日間

第一回
2019年 2月
日程:2月24日(1日間)
定員:7名
場所:宇都宮近郊(栃木県)
訓練費用:50,000円
募集締切日:2月18日

第二回
2019年 3月
日程:3月24日(1日間)
定員:7名
場所:宇都宮近郊(栃木県)
訓練費用:50,000円
募集締切日:3月18日

コース内容:
・警護計画の目的
・警護計画の重要性
・警護計画作成のプロセス
・警護計画の種類
・警護計画に必要な内容
・警護計画作成の為の要点
・警護計画運用の注意点


【コース目標】
・ボディーガードプランの本質の認識
・ボディーガードプラン構築の修得
・ボディーガードプラン運用の修得

日本ボディーガード協会のボディーガードプランニング(警護計画作成)訓練は、警護チームの警護オペレーターとして必要となるボディーガードプラン作成のスキル実践的な訓練の遂行を通じて学びます。
基礎学習終了後に付与されるシュチュエーションに則ってご自身で『情報収集、警護計画立案』のプロセスを通して受講者さま一人一人が自力で警護プランを練り構築することができる「警護オペレーター」の養成訓練をいたします。
「ただ用意されたプログラムを一方的にうけるのではない」、本当に役に立つ警護教育のノウハウを日本ボディーガード協会は用意しております。

ボディーガードプランニング(警護計画作成)訓練コースでは、警護任務を正確かつ円滑に実行する為の警護計画作成に必要な基礎知識と技術、そして基本的な理合を学んでいただきます。
このコースについては合格不合格というのはなく、「本当の警護計画に必要なものとは何か」について学び体験しゼロから個々の警護任務任務に合った警護計画を作成出来る能力を体得して頂きます。
実際の警護ミッション内容に基づいて、情報収集、プランニングを作成して頂きます。

未経験でボディーガードを志す方から、現在、ボディーガードの職に就かれている方のブラッシュアップとして幅広く対応する内容となっております。

・当訓練修了者には、日本ボディーガード協会会員証、JAPAN security training groupと日本ボディーガード協会公認の修了証とを授与致します。

  • お問い合わせはこちらから


  • 各種訓練について地方、遠方からの多くのお問合せを頂いております。
    お問合せ頂きました皆様、ありがとうございます。



    <日本式警護術基礎コース>

    当協会におけるベーシックな訓練プログラムになります。 日本ボディーガード協会の日本式警護術基礎訓練では、ボディーガードの最も重要な土台となる警護人の基礎根幹と警護の「理」、そして、すべての基礎となる警備計画の作成、フォーメーションの取り方、歩き方や警戒監視などを座学、屋外での訓練を体験し体得していただくためのプログラムです。

    日本式警護術訓練では、単に、警護の知識や技術を学ぶだけではなく、警護人として最も大切な警護の根幹や理を身に付ける事で、内外的に隙が無く、柔軟で剛毅な警護人の育成を行っております。

    2019年 4月期
    日程:4月27日~29日(3日間)
    定員:5名
    場所:宇都宮近郊(栃木県)
    訓練費用:135,000円
    募集締切日:4月22日

    日本式警護術 警護道

    基礎学習終了後に付与されるシュチュエーションに則ってご自身で『情報収集、警護計画立案、実行』のプロセスを通して受講者さま一人一人が自力で警護プランを練ることができる「警護オペレーター」の養成訓練をいたします。 「ただ用意されたプログラムを一方的にうけるのではない」、本当に役に立つ警護教育のノウハウをJBAは用意しております。

    プログラムの流れ
    基礎コースではまずセキュリティプランなどの世界最高水準の基礎知識と技術、そして日本式警護術の基本的な「理」を学んでいただきます。この基礎コースについては合格不合格というのはなく、「本当の警護に必要なものとは何か」について学んでいただき体験し体得して頂きます。
    実際に警護ミッション内容に基づいて、情報収集、プランニングを作成してそれに則って行動して頂きます。この過程を終了頂きますと日本式警護術応用コースへと進むことができます。

    コース内容
    ・警護人としての基礎根幹
    ・警護の理
    ・プロテクションループ
    ・警護実行までのプロセス
    ・情報収集と情報の運用
    ・脅威評価
    ・警護計画の作成
    ・ミッションプラン
    ・ルートプラン
    ・アドバンス
    ・到着と出発
    ・車両運用
    ・警護任務作成と運用の要点
    ・リスクコントロール
    ・危機対応ドリル
    ・ビーグルチェック
    ・応急救護
    ・格闘訓練
    ・自己の技術の判断と、トレーニング方法の修正及びマネージメント
    ・AAR
    など


    【コース目標】
    ・ボディーガードで最も重要なボディーガードの基礎根幹と理の修得
    ・ボディーガード業務実施までの基本的プロセスの修得
    ・ボディーガードに必要な要点の認識
    ・国際水準のボディーガード知識と技術の修得

    当訓練参加者にはオリジナルストラップ、当訓練修了者には、日本ボディーガード協会会員証、JAPAN security training groupと日本ボディーガード協会公認の修了証とを授与致します。

  • お問い合わせはこちらから





  • 国際水準の基本は勿論ですが、国内唯一ただ知識や技術を得るだけではなく、警護の「理」と警護人の基礎根幹を学べ、現場で通用する警護人の育成の為の内容であり、国内外での経験をもとに協会独自で実践を重要視した訓練システムとなっており、「あらゆる状況に対応、行動できる」真のボディーガードとしての基礎を築きあげます。

    *日本式警護術基礎課程訓練修了者には、日本ボディーガード協会会員証とJAPAN Security Training Groupと日本ボディーガード協会公認の訓練修了証が発行されます。

    会員証.表(例)
    会員証表
    会員証.裏(例)
    会員証裏

    参加ご希望の方は訓練参加申込書を郵送させていただきますので、ご郵送先をお知らせください。 宜しくお願い致します。

    受講生が3名以上でしたら地方での訓練も承っております。ご希望の方はお気軽にご連絡ください。

  • お問い合わせはこちらから